え~イベント

猪風来の縄文土鍋展 生命を抱く器たち

新見市法曽猪風来美術館にて12月1日(土)より『猪風来の縄文土鍋展 生命を抱く器たち』が開催されます。

寒い冬には、体を芯から暖めてくれる鍋が欠かせない。縄文時代からわたしたちの祖先は大自然の恵みを煮炊きして鍋とし、尊い生命を喰らい感謝と再生を祈るにふさわしい尊厳をもった入魂の器を創造してきた。一万年以上にわたり紡がれた世界に類例のない造形美を、わたしたちの魂は忘れていない。そうした“縄文の心”を現代の生活の中に甦らせるべく、新たな技法によって縄文造形をコンロで使用可能な鍋として実現した猪風来の縄文土鍋。スペインの釉薬技法を応用した金色に輝く色彩の器や、流れる文様が映える端整な白の景色の器など、縄文の心技と現代の技法が融合した究極の“美の器”。新作の創作縄文土鍋とその源流となった縄文野焼き土器など約40点を展示。どうぞご高覧ください。(フライヤーより抜粋)

休館日:月・火曜日/年末年始(12/27~1/4)
観覧料:一般 400円/高校生 200円
アクセス:井倉駅からタクシーで約15分
               方谷駅からタクシーで約10分
 
 
 

Information

日時 平成30年12月1日(土) ~ 平成31年2月24日(日) 午前9時30分~午後5時
会場 猪風来美術館
新見市法曽609
お問い合わせ 猪風来美術館
TEL・FAx 0867-75-2444
関連リンク 猪風来美術館公式HP

一覧に戻る

ページトップへ