え~イベント

培広庵コレクション 華麗なる美人画展

9月21日(土)より新見美術館において『培広庵コレクション 華麗なる美人画展~巨匠たちの美人図鑑~』が開催されます。

美人画という言葉が一般的に使われるようになったのは、対象4、5(1915、1916)年頃の文展からとされており、それ以前浮世絵のような女性をモチーフにした作品は「美人絵」や「女絵」として分類されていました。
美人画は、明治以降、美術という分野が生まれてから人物表現の代表的なテーマとされ、日本独自のジャンルとして成立。東京、京都、大阪の三都を中心に、時代ごとに影響を受けながら多様な展開をみせ、ときには清楚に、あるいは妖艶に、またあるときは可憐に、そして知的に表現されてきました。
本展では、日本有数の美人画コレクターとして知られる培広庵コレクションから、美人画の巨匠と謳われた上村松園、鏑木清方、伊東深水をはじめ、伊藤小坡、寺島紫明、北野恒富、島成園、紺谷光俊など美人画の黄金期を築き上げた東西の画家たちが追求し続けた女性美を通し、今もなお多くの人々を魅了し続ける華麗なる世界を紹介します。
(チラシより抜粋)

【開館時間】
9時30分~17時(入館は16時30分まで)

【休館日】
9月30日(月)・10月7日(月)・10月21日(月)・10月28日(月)・11月11日(月)

【観覧料】
一般 800円、大学生 500円、中高生 300円、小学生 200円


【関連イベント】
■コレクター培広庵の”よもやまばなし”
日時:9月21日(土)11:00~(約60分)
講師:培広庵 氏(美人画コレクター)
※申込み不要、要観覧料


■ワークショップ「胡粉を使って花紋を描こう!」
日時:10月6日(日)13:30~16:30
講師:森山知己 氏(日本画家・倉敷芸術科学大学教授)
定員:15名程度
会費:1000円(観覧料、材料費を含む)
ご用意いただくもの:筆拭き
※材料は全てこちらでご用意します。汚れてもよい服装をご用意ください。
※要申込・先着順


■記念講演会&メイクアップ教室「女性の化粧の変遷と眉メイク」
日時:10月13日(日)13:30~15:00
講師:富川栄 氏(元資生堂シニアビューティーディレクター兼SABFA校長)
定員:20名
会費:1000円(観覧料を含む)
ご用意いただくもの:眉用のメーキャップ化粧品と口紅


■スペシャルゲストトーク
日時:10月6日(日)11:00~(約60分)
講師:森山知己 氏

日時:10月13日(日)11:00~(約40分)
講師:富川栄 氏
※申込み不要、要観覧料

■掛軸の取り扱い方教室
日時:9月23日(月・祝)11:00~(約40分)
定員:10名程度
※申込み不要、要観覧料、先着順


■当館学芸員による展示解説
日時:9月29日(日)、10月19日(土)、11月3日(日・祝)、11月16日(土)
各回14:00~(約60分)
※申込み不要、要観覧料

Information

日時 令和元年9月21日(土) ~ 令和元年11月17日(日) 
会場 新見美術館
〒718-0017
岡山県新見市西方361
お問い合わせ 新見美術館
TEL (0867)72-7851
関連ファイル ダウンロード
関連リンク 新見美術館公式HP

一覧に戻る

ページトップへ