え~イベント

開館30周年記念・災害復興祈願 特別展Ⅱ にいみどうぶつ列車へようこそ! はしもとみお 木彫り動物の世界  

7月4日(土)より新見美術館において『開館30周年記念・災害復興祈願 特別展Ⅱ にいみどうぶつ列車へようこそ! はしもとみお 木彫り動物の世界』が開催されます。


はしもとみお(1980- )は、ありのままの命を彫り出す動物肖像作家として活躍しています。
1995年に発生した阪神淡路大震災を15歳で体験した彼女は、地震の後、まわりにいた犬や猫たちがいなくなってしまったのを目の当たりにし、「生きていた大切な命をずっと残しておきたい」という決意を持って「動物の命」をテーマとする彫刻家を目指します。
東京造形大学を経て2007年に愛知県立芸術大学大学院を修了すると、卒業と同時に数々の動物たちの肖像彫刻の依頼を受けるようになり、現在は三重県の自宅兼アトリエで制作活動を行っています。クスノキから削り出され彩色を施された動物たちは、木の質感を残しながらも、 生き物としての特性と確かな個性を持っています。
本展覧会は、2019年9月に豪雨災害を受けた新見市の復興を祈願して、また、新見美術館の開館30周年を記念して開催されるものです。新作の《日本犬彫刻図鑑》を中心に、猫、羊、山羊、 チンパンジー、オランウータンをはじめ、講談社『イブニング』連載の漫画「いとしのムーコ」より木彫りの《ムーコ》が、ミニやくも号に乗車した姿で登場します。
かつて交通の要所として栄え、現在でも岡山県と鳥取県を結ぶ伯備線、兵庫県を結ぶ姫新線、広島県を結ぶ芸備線の列車が乗り入れる新見駅を眼下に望む新見美術館で、生き生きとした命の宿ったムーコをはじめとする動物たちの愛らしい姿をお楽しみください。
(チラシより抜粋)


【開館時間】
9時30分~17時(入館は16時30分まで)

【休館日】
月曜日(8月10日[月・祝]は開館)
7月6日(月)・7月13日(月)・7月20日(月)・7月27日(月)・8月3日(月)・8月17日(月)・8月24日(月)・8月31日(月)

【観覧料】
一般 800円、大学生 500円、中高生 300円、小学生 200円

Information

日時 令和2年7月4日(土) ~ 令和2年9月6日(日) 
会場 新見美術館
〒718-0017
岡山県新見市西方361
関連リンク 新見美術館公式HP

一覧に戻る

ページトップへ